無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年4月 8日 (木)

オモバカ:芸人同士が一分間づつで笑わせあい

先にわらったほうが負けというトーナメント。

数多の吉本勢を押さえ、決勝は日村とホリケン。

吉本は野爆以外は技術の高い職人勢で攻めてきた

が、技術より感性のアーティスト肌の関東勢に

やぶれた。これはお笑い地図が書きかえられつつ

ある予兆ではないか。

(優勝はホリケンの反則で、日村だったが、バナナ

といえば設楽もいっぽんグランプリで優勝していた。

松本が敷いた吉本お笑いスキームもそろそろ限界

ということであろうか。)

爆問の新トーク番組:とりあえず初回は面白く

なかった。今後に期待。

映画評:

いとこ白書 うずく淫乱熱(竹洞哲也監督):日本映画

史上に残るガールズムービーであろう。いとこ同士の

女の子二人が、恋愛と格闘しながら大人への感触を

確かめていく様子を富士の裾野の田舎町を舞台に、

本当に瑞々しく描く。ピンクのフォーマットを活かした

女子の猥談は一般映画では絶対にまねの出来ない強度を

獲得している。映画を観るって、こういう楽しい体験

なんだったよなー、とあらためて感慨にふける。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69234/34133791

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31