無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月10日 (水)

ぷっすま:松葉杖の春日を、オフロードサーキットの

車に乗せるなんて、、、芸人を人間とは思ってないのか。

10ch怖すぎる。

○○な話:椿鬼奴、乳がん検査の撮影はNG!。いまの

ところあまりつっこまれていないが、鬼奴はかなり

NGの多い芸人である。そういえば最近は“セクシー”

ネタもやらなくなっている。

ホリサマ:ザキヤマインタビューシーンが大幅にカット

されていたが、何か問題があったのだろうか?

早く、手相芸人が消えますように。

2010年3月 9日 (火)

雨:東野のフィクサーぶりが窺える“大阪便り”。

このようなフィクサーこそが、いま芸人界に

必要なのであろう。

レッドシアタ:たまに出るハイキングウォーキング、

絶好調じゃね?あと、たまに出るチョコプラも。

ありけん:さなさん、レディ4加入おめでとうございます。

“ほりぺい”で、堀内が“下ネタでしか笑いがとれなく

なっている“ことを気にしているのが興味深かった。

妖精:野生爆弾を面白がるべきか否か、、、、とても悩む。

若槻千夏の不在が徐々に効き始めているように

思える今日この頃。(アイドル枠と芸人枠を

つなげるバッファの技術が伝承されていない

ため、主にアイドル側がチャンスを逸している

ように思える。)

2010年3月 3日 (水)

ロンハ:有吉、ゴールデンの大仕事を易々と

こなす。結局、格付けって有吉がいればいい

ってことじゃん。(他でカリスマ扱いの小森を

あっさり“ブス”と切り捨てる手際の良さ

たるや!!)

今やテレビ界の最重要人物のひとりたる

有吉の登場は、一億総評論家状態という

ネット環境下でのテレビシステムが必然的に

要請したものである。有吉はネットという

“テレビ批評メディア”と、テレビを繋ぐ

結節点である。有吉以降、批評される側の

テレビが批評家を取り込んでしまうテクネー

が定着しつつある(博多大吉や、まつこ

デラックスなど)。

さらにここで注目すべきは、ネット的批評

の表出たる有吉が、まったく“おたく体質”

ではない点である。プレ有吉(有吉以前)期に

批評的視野を提供していた水道橋や伊集院が

もろに“おたく体質”だったのに比すると

ことの重要さは明らかである。

今や、ネット批評=おたくの等式は全くの

誤認識なのである。

2010年3月 1日 (月)

ゾッとする話:あーーー、手相芸人の野郎、

また“合コンでストーカーに遭った話”してる!

少なくとも4回は、この話聞いたよ!おまえの

ほうがゾッとするよ!

朝生:昔、散々堀江を叩いていたカンサンジュン、

なぜ一貫して堀江を否定しないのだ。意外に

日和見な方だなー。

ありけん:結局オーディションが一番面白いの

かな~。

たもり倶楽部:みうらじゅんと地獄の予習を

するの巻き。大変参考になりました。これで

安心して地獄にいけます。ほんとこの番組は

日本一の教養番組だ。太田さんに見習って

ほしい。

いとうあさこがバブっている。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31