無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月22日 (月)

映画評:       

サヨナライツカイ・ジェハン監督)。

出世のための結婚を控えた男が、勤務地の

タイで謎の富豪女との愛欲に燃える話。

出来の悪いファムファタールものに見えるが、

よく見るとそうではない。人生のほんの一瞬

の恣意的な出会いによって、2度と人生に

戻れなくなってしまう男と女の話なのである。

男は数カ月だけ謎の女との愛に燃えて、その後

予定通り幸福に結婚し、出世するが、“その後”

の人生は、彼にとって意味のないものになって

しまう。(在りて無きものとして生きることを

強いられたのである。)

この物語は、山崎豊子の不毛地帯の瀬島龍三と

比べてみると面白い。瀬島は戦争責任とシベリアを

背負いながらも、戦後を“意味がある”かのように

生きた。(多くの兵士は、戦後の人生を“意味がない”

かのように虚無的になったにも関わらず。)

これは瀬島がやはり決定的には“戦争”とは

出会ってなかったことを意味しているのではないか。

ボーイズオンザラン(三浦大輔監督):

ダメ男が、本気で惚れた女のために

女を傷つけた男と決闘する話。

主人公のダメ男は、この女に決定的な

“他者性”を突き付けられ、初めて大人への

入口に立つことができた。(どんなに惚れて

どんなに尽くしても女は男を拒絶する。)

他方、女を傷つけた男は、全てが予想通り

の世界から出ることができない。(女も

簡単にものにできたので、簡単に捨てた。)

この男は故に(全てが予想通り=他者性のない

世界にいる)他者性に出会うことができないので、

大人になれない。

その苛立ちこそが、決闘でダメ男をなぐるときの

“おまえ、うすっぺらいんだよ!”という

台詞につながる。

雨:いよいよ本気で謎かけ界のチャーリー

パーカ―ことネズッチ推しモードに突入の

雨トーク。この千載一遇のチャンスを

活かせるか!

ありけん:もはや全てのギャグが下ネタになって

しまったコント界のフェリーニこと堀内のことが、

本気で心配である。

こりん星が嘘だったなんて!!!

携帯大喜利:裏ショコタンこと松嶋初音、

初登場なるも爪痕残せず。

(この方のブログ、平均して毎回5-60件

のコメントがある。意外に支持層は厚い。

なめてかからないほうがよさそうだ。)

第二の高田純次ことザキヤマさん、ピンでより

いきいきと仕事されてるご様子。

さんじゃぽ:誰が、そんなに西川の挙式に

興味あるの。

2010年2月16日 (火)

映画評

インビクタス(イーストウッド監督)。マンデラ

大統領就任後、ラグビーのワールドカップで

ナショナリズムを喚起させようとするはなし。

先回のグラントリノでは、共同体の形成には地味な

日常のメンテナンスが不可欠であるという、

グラスツールパトリオティズムの本義を示した

イーストウッドだが、今回は南アのような極端な

政変のあった共同体の場合には、パトリオティズム

ではなく、やはりナショナリズムが必要という

結論に。

抱擁のかけら(ペドロ・アルモドバル監督)。

主演女優との恋をめぐり、プロデューサーと

監督が対立し、それぞれの人生が大きく変わって

しまうという話。

ぺネロぺのおっぱいが見れます。

アルモドバル映画にただよう、“ラテンの諦念”

と、仏教の諦念の違いについて、誰か一度論じて

ほしい。

欲望の酒場・濡れ匂う女(池島ゆたか監督):

会社のトラブルに巻き込まれ、落ちぶれて

しまった女性歌手と、彼女が捨てた娘との

数奇な再会を中心とした群像劇。

“それでも人生はおもしろい”という池島映画

の重層低音は、相変わらず。

娘役の日高ゆりあの造形、甘し。

ありけん:堀内がババアとヤリまくるという

恐るべきシチュエーションコント。ホリケンが

天才なのか、極度の変態なのか、あるいは

両方なのか考えさせられるショッキングな内容。

つか、あれを放映するテレ東を、英断と言って

いいのか、暴挙といっていいのか。

たぶん、矢部Dは、後でかなり上から怒られた

であろう。

(堀内のド変態ぶりを見ていて、急にフェリーニを

思い出した。そういえば、このあいだの“笑犬”

のホリケンコントも、なんとなくフェリーニっぽ

かった。やはり堀内は天才なのか。)

久しぶりのライブの番宣のため、やたら

仲良しをアピールするホンジャマカが、、、

気味が悪い。

どうも、サンジャポの需要が分からない。

あの、異様な人選のひな壇を見ていると

奇妙なサーカスとしか言いようがない。

つくづく不思議な番組だと思う。

2010年2月 7日 (日)

雨:芸人ドラフト会議は、期せずして芸人による
芸人批評が見れて、大変興味深い。
”フット後藤は過小評価されている”。
”山里の能力の高さに、やっと世間が気づき
はじめた”
”次課長井上は非常に変わった性格だ”
等々。

携帯大喜利:国家資本が入っているにも
関わらずなぜ、大道具小道具全てがあんなに
安いのだ。こんなにクラッカー鳴らない率の高い
番組は、世界でも珍しいであろう。
レンホーのせいで、お金がないのであろうか。

2010年2月 3日 (水)

こーじー:芸人の嫁特集で、ゲストの太田嫁が

な、な、なんと太田の“性生活”について語る。

これは貴重な証言。夫婦のいとなみはないが、

たまに彼はベットのなかで“もぞもぞ”している、

“寝ている私のパンツをおろして、眺めてから

またパンツをあげていた“、、、など。

太田の暴走の原因は、案外とこの辺の欲求不満に

あったりするのでは。

日本の教養:100回記念トーク。伊集院談

“この番組は、お笑いを期待している人には

つまんないかもしれないし、学問を期待して

いる人も(もっとちゃんと学問の話をして

ほしいと思うので)不満が残るだろう“。

そうなんで、僕この中途半端さが気持ち悪いん

です。伊集院はしかし、太田が学者とぶつかる

ときに予定調和が崩れるのが面白いと思っている

らしいが、私には、太田のつまんない独白にしか

見えない場合が多いんですよね。

ただし、面白いときもたしかにありますし、

茂木何某とかいう脳学者なんかよりは、はるかに

面白いと思います。

りんかーん:鬼やっこさん、キスNGなら、なぜ

この企画(ドラマ風に芸人とキスする企画)に

出たのだ!!!(やっこさんだけ、キスしてなか

ったので、引きの画でしか放映されなかった!!)

最近やたらと気持ちの悪い“親ばか”芸人が

ふえていないか。

“平気で、赤ちゃんを触らせてと言うやつの

気がしれない“と他人を黴菌扱いする小藪、

好きなものの話で、わざわざ“息子”と言って

ホームビデオを放映する塙(兄)、、

こういう輩がモンスターペアレントになるんだろう。

2010年2月 2日 (火)

マスコミは連日連夜、アンタ柴田問題

について、報道すべきなのに、なんで

エビゾ―とか、朝青龍とかばっかなのか!!

やれ手相だ、やれパワースポットだ、やれ

都市伝説だと、くだらないネタにうつつを

ぬかす“やりすぎ”あたりが、本格的に

柴田のなぞに取り組んでくれればな~。

ありけん:女芸人の部屋でレディコミみつけて

平気で“おかず”と言ってしまう大橋、、、。

あと、せっかく鬼ヤッコの家に行ったのに、

なぜ、例の“炊飯器を置くスペース”をネタに

しないのか。雨トークを見てなかったのか?

勉強不足、喝!

(あと、メグちゃんが、“ありけんこわ~!”と

売れっ子芸人のようなリアクションをしていた

のが、少々イラっとした。)

ごっちんの喪服姿が、どうみてもコスプレに見える

(しかも高橋留美子調!!)というのは、この国が

抱えるもっとも重大な病理であるのは、誰の目にも

明らかである。最悪の悲劇がなし崩しに喜劇に

転じてしまう我々の文化は、必然的にアキバの

加藤容疑者を生むのである。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31