無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

いろもねあ:妙に見ごたえのある回だった。

オープニングのものまね企画、浜田ブリトニーのマネを

選ぶ鳥居のセンス、、バツグン。

バッファロー木村の”オー、ポカホンタス!”はポカっと

叩かれたときの”ポカ”にかけたギャグであることが

初めて判明。(昨日ここで書いた”おもしろくなーる”の

現物も紹介していた。よくすべーるも売ってます。)

東京03は、今週はゴッタン、いろもね、雨トークと、凄まじい

勢いで登場だが、すべて”ショートネタがないんですよ~”ネタ。

(雨では角田の離婚ネタも使っていたが。)

なぜ”紳助ネタ”を使わない、、今いちばんおいしいネタ

なのに。

2009年10月29日 (木)

だめだ、、、どんどん見るべきテレビがなくなっている。

唯一12chが頑張っているが、やりすぎは凄まじい勢いで

つまんなくなっている。(ただし、金曜深夜のドラマ嬢王では、

麻美ゆまや原さおりが、惜しげもなく乳ほりだしてくれていて、

12chの気概を感じます。)

10chの11時以降も、もはや雨トークしか見るものがない。

なんとか地上波テレビ批評に専念したいが、もう地上波は

だめなのか?

ありけん:牧野ステテコや、ミスクリマスクなど、イツザイ芸人

が、アリケンに進出してがんばっているのはいいが、レディ4と

パブはどうなってんだ!!!セクシー運動会ならレディ4とパブ

でやればいい。

ガキ:へいぽー、真夜中の運動会。この人、世界一の怖がり

として、ギネスに申請してみたら如何だろうか。

ごったん:03を業界に”ハメる”ための会議。

おぎやはぎ、劇団、バナナが、自分たちが業界で

”はまった”きっかけをマジで話していたのが、

生々しくてよかった。

先日、フジテレビに遊びに行ったら、お土産屋で

”おもしろくなーる”と”よくすべーる”が売られて

いた。

2009年10月24日 (土)

あさなま:東浩紀と森永がおなじ板に。これは
千原Jrと狩野がいっしょに大喜利やってるような
もんだ。でも、森永の滑りっぷりは、お笑い番組
ほど分かりやすくはない。学者って楽なもんだ。
芸人のほうが、よほどシビアな言語ゲームを
やっている。

2009年10月22日 (木)

ごったん:業界大注目のなかでの谷桃子スペシャル。

”空気読めない力”として注目されている彼女ですが、

ようは”商品化されていない”ということ。商品システム

の外から、商品の虚構性を批評するというのが彼女の

インパクトであろうかと。そういう意味で、テレビでの

商品システムのフレームを構成する”カメラ”を破壊

しようとしたのは、全くの必然であった。ただし、彼女も

百戦錬磨の芸人によって、かなり商品化されつつある。

たとえば、”帰ってもかまいませんよ”のフリは、完全に

パターン化(お約束化=商品化)している。今後の課題は

商品化から如何に逃げるかであろう。

ところで、いいともでの劇団の証言によると、あのカメラに

マジッククリーナーを投げつけた下りで、カメラマンは

マジギレして、かなり現場が冷え切ったそうだ。

カメラマンって、タレントにキレるほど偉いのだろうか。

加藤夏希、元交際相手(元マネージャー)を提訴。

えーーー、マネージャーと付き合ってたの!!!

最近、今田がもの凄い量の仕事をしている気がする。

そういえば、くまきりが辞めたとたんにアドレナが終わった。

くまきりでもってた番組だったのか。

お試しか!:春日が、帰れまテンにピンで登場。

予想通り春日なにも出来ず。春日をピンで使っては

いけない。

2009年10月 6日 (火)

爆笑人生問題:道徳倫理系の問題をえさに爆を中心に

ワイワイ語る12chの特番。太田や、ひとりなどの東京芸人

の人生論は、どうも書生くさくて、関西リアリズムの紳助には

説得力の面でとうてい及ばない。

”体罰で教えるというのは、大人が言葉で教えられない

という負けを認めたことになる”とことあるごとに言う太田

より、”今になって、殴られたこと感謝してんねん。本気で

ぶつかってくれたんやって。”という紳助では、どうしても

紳助に軍配が上がってしまう。(この番組には紳助はでて

ませんが。)

ミッドナイトQさま:競泳で1位になるなと言われたら

アイドルはどうするか、という検証に谷桃子参戦。

シュールギャグを炸裂させる。

そのVTRを見た土田が、”谷は40年に一度の逸材”

と絶賛。鳥居を超える日は近いか、谷!!

石原の挫折を、待ってましたとばかり攻め立てて

いる陣のは、どうも40代以上のようだ。

アンチ石原陣営は確実に高齢化している。

40をすぎて、70代の老人のマチズモを

責め立てている大人をみて、若者はどう思って

いるのだろうか。(ほんとうは、40-50代がとっくに

若者から嫌われる役をひきうけなければならない

のに。)いつまでも、大人になれない40-50代の

”父役”をやらねばならない知事も大変だ。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31