無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月28日 (水)

なんか描かなきゃ

改編期で極度にネタ不足です。

なんとか:大木/前田対決、ビビル大木が美味しかった

ですね。大木アナがドラマ研究会を作っているという

話は、馬鹿らしくてよかったです。

コージー:野生爆弾ロッシーのぬいぐるみネタに、

当初反発するも、最終的にネタの一員になっていく

というドラマツルギーを見せた東野の技量に感服。

いろもねあ:あれだけ100万取りたがっていたバナナマン

が、思わぬ形で(設楽の家が家事になったというマジネタで)

100万達成するという、感動的なドラマツルギーを見せて

もらいました。

すべらない:まだ録画チェックしてませんが、どんなドラマツルギー

が待ち受けているのか。

って、どんだけドラマツルギー言うねん。

2007年3月25日 (日)

腹クロ!

オンバトチャンピョン大会:あの目つきの悪い司会の女子アナ、

なぜか、ハマカーンの神田(うのの弟)に”私と神田さん

お似合いじゃないですか”と言い寄る。神田家に玉の輿

狙いですね。あの目つきの悪さ、只者ではないと思って

ましたが。

夏川さん:年齢は、まー可愛いもんですが、なぜ出身地を

偽ったのか、いまどき。 まー島根とか、富山とかなら

なんとなくインパクトないから分からんでもないが、広島は

ぜんぜん問題ないと思うが。アユや、エビちゃんですら

堂々と福岡出身といっているのに、お前ごときがなぜ

出身地を偽った。

,

タリラリに続き、カワズ君も終了。くりーむバブルも終焉

でしょうか。

2007年3月23日 (金)

鉄子の部屋

一昨日、12ch夜、芸能人の趣味を紹介する短い番組で

豊岡真澄が鉄道オタ娘(通称鉄子)として紹介されていた。

同日6ch深夜、豊岡真澄が和田アキコに、鉄道オタについて

解説する番組をやっていた。とうとう真澄ちゃんにもテレビで

通用するキャラがつきましたね。南田マネージャー有難う。

(同日、FM東京の番組で、熱烈な鉄ちゃんであるという

ラグフェアーの某メンバーが”4月にタモリ倶楽部の鉄ちゃん企画

に出演が決まった”と非常に喜んでおりました。彼の話によると

タモリ倶楽部の鉄ちゃん企画は競争率が激しくてなかなか

出演できないそうです。すべて南田マネージャーの功績では

ないでしょうか。)

タミフル報道でもっとも平衡を帰していたのは意外にもニュース

ステーション。インフルエンザ専門医を解説に向かえ、異常行動

はインフルエンザの特有症状のひとつであること、1歳から10歳

までは、タミフルで熱を下げないと非常に危険であること、

10歳以上ならタミフル無しで安静にして熱を下がるのを待つのも

よいが場合によるということ、を懇切丁寧に説明していた。

いつもは比較的冷静を保つ4chは、かなり扇情的にタミフル

批判を繰り広げていた。米国牛肉にしろ、不二家にしろ、

その他諸々の報道を見る限り、メリットとデメリットを合理的に

比較考量したリスク分析などは、皆無であり、常にリスクは

ゼロでなければならない、といった扇情報道ばかりである。

これは、端的に、、、、、、甘えなのである。

今朝の朝ズバ、なんと20分近くをつかって、”とある”飲酒運転

事故による事故致死事件の判決の量刑批判をやっていた。

1人の主婦を致死させた事件で、6年の実刑。まー妥当だと

思うが、番組は遺族の被害感情を徹底的に映し出し、

被害者感情と量刑が合わないと煽り立てる。こういう

感情論だけの裁判量刑批判って、いままであまりなかった

と思われる。これは6chが被害者に優しいからではない。

被害者感情が物語として、消費しやすいからにすぎない。

被害者は大衆に消費されているのであり、大衆の神こそ

みのもんたである。(同じ6chも夜のNew23では、筑紫が

死刑廃止論を推すわけである。この辺が腰の定まらない

毎日新聞系の優柔不断なところか。)

いままであまり見てなかったが10ch深夜の青木ドナウ、

なんとビビル大木と、大木アナという従弟コンビが司会を

しているではないか。夢の共演。この番組を何度か見て

思いましたが、青木いじりが一番うまいのはビビル大木

ではないか。

Goro'sバー、亜子ちゃん卒業。バク天最終回でも泣かなかった

亜子ちゃん、今回は泣きました。やっぱ太田さんより、ゴロー

ちゃんのほうが別れがたいよな。

2007年3月19日 (月)

太田総理:あ、CanCanのモデルくびにして、

数字の取れる山本モナに鞍替えしやがった。

大人って汚い。(やっぱ、どうも太田総理とは

肌が合わないなー。社会問題系の意見なら

全然松本のほうが深度が深い。紳助や松本などは、

関西人らしいプラグマティズムに貫かれているが

太田さんの抽象論には、確固とした基盤がない。

基盤をアメリカに奪われているということではあり、その

点に自覚的なのはわかるが、であるならアメリカ問題に

集中すればいいのに。ちなみに映画論も松本のほうが

上。太田さんはよくも悪くもの昔の文学青年。や、期待

しているんですよ、いつか関西プラグマティズムに拮抗できる

批評を構築してくれることを。家元に息子と呼ばれてん

だから、がんばってもらわないと。)

レッドカーペット:あるある大辞典中止の副産物が

このレッドカーペットであるなら、われわれは捏造スタッフに

感謝せねばならない。

この番組とエンタを比べれば、いかにエンタの演出がダメか

わかる。つか、エンタは舞台芸なので、客いじりのやっくんなど

でないとダメ。テレビ芸人には地獄のような番組であろう。

検索ちゃん:伊集院が”緊張して話ができないくらいタモリ

が好き”というのは初耳。この番組、なぜか伊集院の新たな

面を発掘してくれる。そんなに伊集院に興味はないが。

うぇぶたま:でました、リアが”おうべいか!”って。

もえ~。

最近いろんなタレントがギャグで”らじかるらじかる”

と言い出しましたが、それほど影響力のある番組

なのでしょうか、昼間なので見れないですが。

スマステーション:土曜に10chのスマステーションで

木村拓哉をゲストに6chの”華麗なる”の特集を

やっていた。他局の番宣するなんて、時代は変わり

ましたねーーー。

2007年3月15日 (木)

ここ数日、セレブモデルマリエ、里田まいを

毎日見てる様な気がする。モデル界も女王

梨花の座を狙って次々と刺客が放たれ、シエラなど

すでに過去の人という感すらある。

”バカキャラ”を次々と発掘するヘイキサゴンIIの

最新スターが里田であるが、大沢あかねは

もう過去の人であろうか。

かくも過酷な業界でしのぎを削る少女達のプレッシャー

が尋常ではない事は想像に難くなく、彼女たちの

奇行が時折報告されるのも無理はない。

はねる:はねる自体は全く堕落してしまったが

最近この番組で使われている”シリコンの紐”は

罰ゲーム界に革命を起こす可能性がある。

気をつけろ!

2007年3月14日 (水)

きたか”どんだけ”ブーム

6chリンカーンにて宮迫、”どんだけ~”を連発、

その後11時より8chジャポニカロゴスにて関根さん

も”どんだけ~”を使用。いよいよ本格普及か。

しかしほんとに二丁目で流行っているのか。

りんかーんに出てたグループだけなのでは?

だれか検証したほうがよい。

くりーむ:堀越さん、イアン・ソープ相手に一歩も引かず。

いつの間にこれほどの精神力を身に付けた?

有田の小芝居力も見逃せない。銭金初期より鍛えた

小芝居力は、いまや日本一。

笑金:三宅退陣。この番組、なぜこうまでコンセプト

がはっきりしていないのだろう。よく局で企画が通るな。

”金メダル”の設定もグダグダのうちに曖昧になり、

イメージキャラのボブサップも、何の説明もなく

消滅させ、何の反省もなくチェ・ホンマンをイメージ

キャラに使い始めていた。芸人も売れてきた人を

勝手に笑金メンバーと呼ぶだけ。こんだけいい加減

な企画で、担当者は処分されないのか。

テレビってまだまだ謎だらけだ。(ただし、ヒロシなど

落ち目になっても使い続けているのは偉い。4月

から先は分からんが。)

2007年3月11日 (日)

好調だいた

本当にひっさしぶりに”エンタ”を見る。

10人以上のピン芸人が出場していたが、

だいたひかるが圧倒的に面白い(つか、あとが

あまりに酷いだけだが。)。やはり幸せなだいた

なんか説得力が無い。不幸こそあなたのアイデン

ティティだ。

10chのサンデーモーニング(田原総一郎司会のやつ)

のすぐ後の3分くらいのニュースって、サンデーモーニング

での政治家の発言をすぐにニュースにしている。あれって

どうなの??局で恣意的に発言させておいて、ニュース

にするってどうなんでしょ。子供にガラスを割らせて、

ガラスを売りにいく父親を描いたチャップリンの映画

みたいだ。

深夜でやってた内P番外編、録画し忘れた!

死にたい。

2007年3月10日 (土)

バラエティの他者

中尾彰だの、高橋英樹だの、相田翔子だの、

カリヤザキだの、本来バラエティの”他者”と

されていたジャンルの人間を、トーク番組経由で

バラエティの中心にもってきたのは、さんまで

あろうか、DTであろうか?

たしかに御殿でのキャラ洗礼は、現在、非他者化

システムとしては最強であろう。さんまにキャラ付け

してもらえば、しばらくはテレビで食っていけるので

ある。しかし当初(15年前くらい)のさんまは、

中村玉緒とか天然を”まんま”で発掘して、自分と

相性のいい人のみをキャラ立ちさせていたはず。

DTの場合は、場違いなゲスト(他者)が空気を

読まない発言をしても、ツッコミによって空気を戻す

技術を向上させていった。(”帰ってもらえます?”

とか”お薬の時間ですよ”など諸々のツッコミ)。

キャラ立ちは援助しないが、その人がいても

成立する空気をつくるということでは、DTのほうが

上のようだ。さんまのようにキャラの”深追い”は

しない。

ちなみに”御殿”の開始が97年、”DTDX”の開始が

93年。バラエティの他者を取り込む企図はDTのほうが

先に開始しているのである。DXの開始当時、DTが

異分野のタレントと絡むシーンは、非常に緊張感が

あり、見ているこちらもかなり興奮したのを覚えている。

、、

だから何だって訳でもないですが。

2007年3月 7日 (水)

TBS川田アナ報道志望のためフリーに、とのこと。

へーー、あんなに生き生きバラエティやってたのに

人の内心ってわからないものですねー。ネプ理科で

開花した、ゲテモノ生物に強い女子アナというキャラは

貴重だったのに。

塾生徒を殺した男、18年の判決。刑が軽すぎると

騒がれているようですが、18年は軽いだろうか。

交通事故関連でも、なぜか最近やたらと厳罰化を

求める声ばかり報道される。交通事故自体の件数は

かなり減ってきているにもかかわらず。

憎しみの表出形態が、異常に単純化してないか?

広義の意味では、東ヒロキの言う”動物化”の一端

であろうが。

かたや社会はこれほど憎しみを宿し、かたやロハス

だのデトックスだの癒しを消費させる資本があり、

これって自転車操業ってんじゃないの。

2007年3月 6日 (火)

まっちゃん失敗

ガキで、スタッフのことを”カブトガニみたいやなー”と

つっこんだ翌日のHeyHeyにて、南流石先生にも

”先生、カブトガニみたいですねー”とつっこむ。

連日て、さすがに放送日は意識してなかったと

思うが、これはちょっと失敗ですな。

HeyHeyといえば、なぜ大塚愛はなぜ新曲の振り付け

を普及させようとしているのか。うたばんでもやたら

みんなに躍らせていたが。

Qさま:ほんとわからん、プレッシャー学力テストの

何が面白いの???さまーずに過酷ロケって結局

学力テスト。過酷ロケって、トラの檻に入るとか、

ワニと接吻とか、無人島一週間生活とかとちゃうんか!

くりーむ:なな、なんと西川先生、地図問題でイラクを

フランス?スペイン?と全く訳のわからぬ回答を!

これほどの秀才でも、やっぱ女ってほんと地理

ダメなんですねー、やー勉強になりました。

2007年3月 3日 (土)

太田総理:つまらない。じゃ見なきゃいいんだけど。

(民放の教養番組ってどうしてこうもダメなんだろう。

政治なんか扱っても、”視聴者にも分かりやすく”

などという余計なおせっかい根性で、無知派に発言権

を多くするため、いつも”なぜ軍隊がいるの”とか、”なぜ

政治にお金がかかるの”とか、何十年もおなじみの

同道めぐりの討論ばかり。太田さんは、ほんとは政治なんか

興味ないんだから、こんなのやめようよ、つまんないよ。

あんただってお笑い興味ないやつにお笑い番組やって

ほしくないでしょ。”博多華丸と河本のまねを同時にやる”

とかやってるあんたが一番輝いてるよ。)

最近初耳初見したこと:

雨トークにて。

関根勤が下戸だったということ。また関根の

志ん朝師匠の物まねも、初めてみました。似てた。

検索ちゃんにて。

伊集院が、かつて誰とでもヤッちゃう女と付き合って

いたということ。

2007年3月 2日 (金)

さんちゃんねる:トークの神様さんまによる究極の

雛段トークという趣旨だと思うが、雛段トークで

フリップ漫談、生告白など新たな可能性を見出すさんま

には驚嘆せざるを得ない。(さんまの前だと、中堅も”若手”

としてはしゃげるという利点もあるが。)。

それに比べリンカーンの雛段の無駄なこと。どうして

同じTBSでこうも違うかね。

うたばん:ドリカムのリーダー、付き合った女性には

すべて”性格悪い”と言われてフラれるとのこと。

TV画面からも溢れるように滲み出すあの性格の悪さ、

逆に貴重なキャラともいえる。

雨:結局雨トークって、関根関係と土田関係で回してる

だけのような。(この二人がいかにすごいかということの

証明でもあるが。考えてみると関根も土田も東京の芸人

であり、この番組は意外に関西色が薄い。吉本タレント

の冠番組なのに、吉本は度量が広いなー。)

ちょっとまえの検索ちゃんスペシャルで田中が

絶賛していた”きな粉”のお菓子、食べてみました。

まー、食感が面白いという程度。味はきな粉に砂糖を

混ぜただけの味。

昨日、立川談春独演会聞きにいったら、なな、なんと

ポルノ男優兼エロ漫画家の平口広美氏が聞きに

きていた。談春の支持層は幅広いなー。

演目は、なんと”らくだ”をやりました。後半の死体を

火葬場にもっていく部分はカットしてありました。

正解だと思います。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31